• ホーム
  • 倉敷市「平成30年7月豪雨災害」活動支援金のご協力のお願いについて 

重要なお知らせ

倉敷市「平成30年7月豪雨災害」活動支援金のご協力のお願いについて 

Donate to Kurashi Social Welfare Council for Heavy Rain Disaster in July 2018  
 
 倉敷市社会福祉協議会では、この度の豪雨災害で大きな被害を受けた倉敷市内の被災者への支援を行うため、災害ボランティア活動や災害ボランティアセンターの運営に必要な資金として「支援金」の募集を始めました。「義援金は」はすべて被災者の手元に届くお見舞金である一方、「支援金」は被災者支援に必要な物資・資源・資材・人材の調達や臨機応変な支援活動が行うことができる資金であり、私たちが最も必要としている重要な資金の一つになります。
Heavy rains that hit western Japan at the beginning of July caused serious damages in this region. Kurashiki Social Welfare Council began accepting donations to help suffered people and volunteer activities in the city.
 Unlike the donations collected by Japan Red Cross or Japan Red Feather Community Chest as Gienkin (contributions ) which will go directly to the victims, we are trying to raise funds for many kinds of volunteer activities, such as collecting commodities, people, and other resources.

 クリップボード01

1 倉敷市における平成30年7月豪雨災害の被害について
   About the damage of the heavy rain in Kurashiki

 倉敷市での7月6日から7日にかけての豪雨の被害は、多くの全国ニュースで取り上げられているところですが、各地区で土砂災害、浸水被害が発生しました。水島地区では土砂災害、真備地区では、小田川とその支流が決壊し約1,200haが浸水、約4,600戸もの家屋等に床上、床下浸水等の被害がでています。
As reported in all over the world, the record-breaking heavy rains that hit western Japan on July 6 and 7 have resulted in landslides and flooding and caused serious damages in this region.
In Mizushima area we had serious landslides. In Mabicho area Odagawa River and its branch stream have been destroyed. About 1,200ha of the area has been flooded and about 4,600 houses have been damaged.
 
2 なぜ、社会福祉協議会が支援活動を行うのか
   Why do we support the volunteer activities?
 
 社会福祉協議会は、行政と連携して住民活動を中心とした地域福祉の推進を行う公益性の高い民間非営利団体です。東日本大震災を始めとして、これまで国内で起きた数々の災害においても、地元の社会福祉協議会が災害ボランティアセンターの立ち上げ、被災者支援を行ってきた実績があり、被災者支援に関する多くの経験やノウハウを有しています。
We, Kurashiki Social Welfare Council, is a private non-profit organization which promotes many regional welfares with communities collaborating with national administrative organs. We should note that, in Japan, it is the local social welfare councils that always have been great help for launching Volunteer Centers in many cases of disasters, including the Great East Japan Earthquake. We have a lot of experiences in supporting disaster victims.
 
3 支援活動の主な内容と支援金の使い道
      Aid activities provided by Kurashiki SWC, and how donation will be utilized

 倉敷市災害ボランティアセンターでは、ボランティア受付班、被災者の状況を把握するニーズ班、ニーズとボランティアを繋げるマッチング班の他、スコップなどの必要資材を確保して活動者に届ける資材担当などが設置され、本会の職員だけでなく、全国から駆けつけた他の都道府県、市区町村の社会福祉協議会の職員も応援に加わり、総勢40人(7月14日現在)が運営スタッフとして常駐し、早朝から深夜まで、必死の活動を行っています。現状では、被災者がご自宅に再び住むことができるようにするためのニーズが多く届いており、全国から駆けつけてくださったボランティアの方々のご協力のもと、床上浸水、床下浸水等で家屋に流れ入った泥のかき出し、汚れた家具の運びだし、室内浸水部分の雑巾がけや清掃などの活動を中心に支援を行っております。また、全国各地から届く支援物資の仕分け作業も、災害ボアンティアセンアーからのボランティアが関わっています。
Kurashiki Emergency Volunteer Center run by Kurashiki Social Welfare Council (SWC)is constituted by three teams, a team to find people’s needs, a team to match volunteers and people’s needs, and a team to distribute goods and tools required for volunteer activities. 40 people formed by not only staffs of Kurashiki SWC, but also staffs sent from other area’s SWC have been conducting those activities from very early morning to midnight since the disaster( as of July 14th) in the volunteer center. There are huge needs from citizens of Kurashiki to revive their houses to live , and those  volunteers came from all over Japan are cleaning up mad and rocks brought into the houses by water, bringing out furnitures covered by mad to outside, and swabbing maddy floors by teams. They also work to distribute donation goods arriving from everywhere and everyday.

 集まった「支援金」は、被災者支援に必要な物資・資源・資材・人材・の調達、ボランティアを被災者の元へ届けるための派遣バス借り上げ料、災害ボランティアセンター運営費(PC・プリンターレンタル料金等)などに活用される予定で、数千万円が必要とされることが予想されています。

※支援金は、災害ボランティアセンターが閉鎖された後も、引き続き、倉敷市社会福祉協議会が行う被災者支援等のために活用される予定です。
Those donation to Krashiki SWC will be budgeted to rent a bus to ship goods and volunteer people to houses and refugee locations, and for daily operation of the volunteer center. We expect to spend additional JPY30,000,000~xxxxx until the termination of this center.
*those donation will continue to be utilized for the victim’s aid activities conducted by Kurashiki SWC after volunteer center closure.

Q.「支援金」と「義援金」の違いについて
Q* Difference between Gienkin donation and other donation

  • 「支援金」は、被災地で活動する福祉団体、NPO、NGOなどを支援する資金です。被災者を支援する活動、支援物資や食糧の調達など、幅広い支援が行えます。
    The donations collected by NPO and NGO (including donation to Council of Social Welfare) are called as Shienkin (支援金), and are used for activities and goods to support people.
  • 「義援金」は、被災者に直接届くお見舞金です。すべて被災者に届けられる性質上、被災者を支援する活動、支援物資、食糧支援などには使われません。また、被災者の手元に届くまで時間がかる性質もあります。
    The donation collected as Gienkin (義援金)by Japan Red Cross and Japan Red Feather Community Chest are the contributions to victoms distributed equally by local goverments. They won’t be used for activities or goods.
                              ※翻訳ボランティア:大地智子 水谷珠規
クリップボード02

支援金のお申込みについて  Registration to donate

支援金のご支援をいただける方は、お手数ですが以下のフォームよりお申込みをお願いいたします。
お振込みをいただく振込口座の情報などをお知らせさせていただくと共に、いただきました情報は領収書等の準備や送付などのために使用させていただきます。
You can register donation to Kurashiki SWC through below application form. This is to check bank account information, and to create and send donation receipts to donors.
申込年月日Registration date(必須) 平成年 月 日Year/month/date
寄付者氏名donor name(必須)
寄付者ふりがなPlease put furigana or repeat your name(必須)
郵便番号postal code(必須)
住所Address (必須)
電話番号telephone number(必須)
メールアドレスyour email addr(必須)
支援金donation amount 金額amount : 円JPY
振込予定日planned date for donation
(振込の場合) (bank account transfer)
平成年 月 日Year / month/ date
社協だより掲載Can we put your name on leaflet?(必須)  有Yes 無No
ホームページ掲載Can we put your name on our website?(必須)  有Yes 無 No