講座・イベント

第10回 倉敷権利擁護支援フォーラムを開催します

第10回 倉敷権利擁護支援フォーラムを開催します

 「成年後見制度利用促進法」など権利擁護を促進する制度が法的にも整ってきている昨今、
原点に立ち返りあらためて「権利擁護とは何か」を問い直し、これからの成年後見制度を
考える機会としたいと思っています。本フォーラムを通じて「権利擁護の在り方」を考え、
成年後見制度の利用者の意思決定(エンパワメント)支援を行っていくという視点を持ち、
誰もが自分の意思を尊重される地域づくりに繋がっていけばと考えています。

第10回 倉敷権利擁護支援フォーラム「本人の願いをかなえる支援をめざして」
誰もが自分の意思を尊重される地域づくりとはなにか?みんなで考えるフォーラムです。

 日 時  平成30年9月22日(土)13:00~16:30
 会 場  くらしき健康福祉プラザ5階 プラザホール
      倉敷市笹沖180番地
 定 員  289名(定員になり次第締め切ります)
 参加費  無料

第1部 基調講演「『権利擁護』の枠組み外し」13:05~14:05
支援者を中心にした支援ではなく、「本人主体」の支援の本来の在り方について
考えていきます。
【講師】 兵庫県立大学 環境人間学部 准教授 竹端 寛 氏
【講師プロフィール】
現場(福祉、地域、学生)との直接対話を通してオモロイ何かを模索し、
産み出していく産婆的役割と社会学者との兼業。専門は福祉社会学、障害者福祉政策。
博士(人間科学)。岡山県社会福祉協議会監修の書籍「『無理しない』地域づくりの学校」編著者。

第2部 トークセッション「本人の願いをかなえる支援をめざして」14:20~16:25
後見人として活動されている方々から、支援の実際を伺い、本人の願いを
どう実現していくかを考えていきます。

【パネリスト】
岡山高齢者・障害者支援ネットワーク 河合 清志 氏
岡山未成年後見支援センターえがお  宗藤 惠子 氏
倉敷市社会福祉協議会 地域福祉課長 佐賀 雅宏 氏

【コメンテーター】
兵庫県立大学 環境人間学部 准教授 竹端 寛 氏

【コーディネーター】
新見公立短期大学 地域福祉学科 講師 佐藤 伸隆 氏

■法人後見受任団体パネル展示をプラザホールロビーにて行います
■手話通訳・要約筆記あり
■託児あり(先着5名:要予約)
■親子室あり

≪申込方法≫  
①氏名
②団体名(所属等あれば)
③連絡先(TEL)
④その他(フォーラムに期待すること/託児の問い合わせ)
を電話・FAX・メールでお知らせください。

※FAX・メールでのお申込みの際は、件名に「権利擁護支援フォーラム参加申込みについて」など、
 わかるように記載してください。
※参加受付票等の送付はいたしません。満席でお断りするときのみ連絡いたします。
 当日直接会場にお越しください。
※ご連絡いただいたお名前・ご連絡先はフォーラム開催に際してのみ使用し、
 他の目的で使用することはありません。

●連 絡 先(申込先)
社会福祉法人 倉敷市社会福祉協議会 地域福祉課
倉敷市笹沖180 くらしき健康福祉プラザ3階
 TEL:434-3301  FAX:434-3357
 e-mail:tiikifukushi@kurashikisyakyo.or.jp

権利擁護支援フォーラムチラシ(PDF)